【タンパク質豊富】筋トレ民にオススメのお肉比較(鶏・牛・豚・馬)

サプリメント

トレーニーには何肉がオススメなのか?

 

たくましい体・引き締まった体など、理想的な体を作るには、食事がとても重要です。

筋トレしている方に多いのが、
「とりあえず鶏胸肉を食べれば良い」と思っている方です。

ただ、「パサパサしていて苦手」という方もいると思います。

確かに鶏胸肉は筋肉を作るにあたってメリットはあります。

しかし、他の肉にも様々なメリットがあるため、今回は鶏胸肉・牛肉・豚肉・馬肉で比較しながら解説していきます。

筋トレ民にオススメのお肉4選

肉100gあたり

鶏胸肉(皮なし)

  • 低脂質
    グラフでもわかるように、脂質は一番少ないです。
  • 低価格
    鶏肉のなかで一番とれる量が多いため、必然的に安い傾向があります。
  • 疲労回復効果
    疲労を軽減してくれるイミダゾールペプチドという成分が影響しています。
    渡り鳥が数千〜万kmもの長距離を飛び続けることができるのは、他の動物と比べて鳥がこの成分が多く持っているからと言われています。

こんな人にオススメ

    • 脂肪をつけずに筋肉だけをつけたい
    • 節約したい

牛肉

  • 筋肥大に効果的
    トレーニーに人気のクレアチンが多く含まれています。
    ※クレアチンに関しては奥が深いので、また別記事で語ります。
  • 脂肪燃焼を促進してくれる
    これは、カルニチンという栄養素がたくさん含まれているからです。
    ダイエットをしている方で、カルニチンだけのサプリをとる方も多くいるほどです。
  • 免疫力が高くなる
    亜鉛が豊富に含まれていることが関係しています。筋トレをしていると免疫力が落ち、風邪を引きやすくなります。亜鉛をしっかり摂取することで、免疫力を高め病気にかかりにくい体になります。
  • 鶏肉に比べると、脂質が多い。
「ステーキは太る」と思っている方も多くいらっしゃいますが、実際そんなこともありません。赤身肉を選べば脂質もあまり多くありませんし、ステーキと一緒に食べるお米を大量に食べなければ太ることもありません。逆に、米なしで赤身ステーキだけ食べていればむしろ痩せます。

こんな人にオススメ

    • バルクアップして一気に筋肉を付けたい
    • 免疫力を落とさずにトレーニングしたい

豚肉

  • 「ビタミンB1」が豊富
    ビタミンB1は、糖質を体内で燃やしエネルギーへと変えるために不可欠。疲れやすい・太りやすいといった場合には、ビタミンB1が不足し、エネルギー代謝が低下しているかもしれません。
    お米を食べているのにいまいちパワーが出ないという方は、もしかしたら糖質をエネルギーに変えられていないのかもしれません。豚肉にももちろんタンパク質は多く含まれているので、普段食べる肉を豚にしてみて、ビタミンB1を摂取することでパワーを発揮できます。
  • 脂質が多い
    上のグラフにもあったように、この4つ肉の中では脂質が一番多く含まれています。
    脂というと太るイメージがあるかもしれません。
    ビタミンには水に溶ける脂溶性ビタミンと・脂に溶ける脂溶性ビタミンがあります。油を避けすぎる、脂溶性ビタミンを吸収できず体調を崩す恐れもあります。

こんな人にオススメ

  • 健康的に筋肉をつけていきたい
  • ご飯をしっかり食べているのにいまいちパワーを発揮できない

馬肉(筆者注目)

  • カロリー・脂質が少ない
    上のグラフにもありますが、栄養素は低脂質で有名な鶏肉とほぼ変わりません。
  • 馬肉は肉類の中でも鉄分が豊富
    鉄分は不足すると、体内が酸素不足になり貧血を引き起こしてしまいます。鉄分は汗や尿とともに体の外へ排出されるため、トレーニングする方はしない方より多めに摂取しなければなりません。
  • グリコーゲンを非常に多く含む
    グリコーゲンとは、運動時のエネルギーとして使われます。ハードな運動を行うと1~2時間で空になります。グリコーゲンが不足すると、運動パフォーマンスの低下につながります。グリコーゲンは疲労回復にも役立つため、特にアスリートに注目されている食材です。
  • 脂肪分は「不飽和脂肪酸」が多い
    リノール酸・オレイン酸など、魚やオリーブオイルなどに含まれる脂で、他の肉に比べて体脂肪になりにくい脂です。

こんな人にオススメ

  • 減量中・脂肪を増やさずに筋肉をつけたい
  • 鶏肉に飽きたけど、脂質は摂りたくない


【お試し】初回限定!送料無料の特別なセットです!!「熊本馬刺し/上赤身(200g)」

まとめ

鶏・牛・豚・馬の肉をそれぞれ比較してきました。

それぞれの肉にそれぞれのメリットがあるので、ぜひ全部試してもらいたいです。
タイミング別でまとめると、
①バルクアップ時:牛・豚
②減量時:鶏・馬
のようになります。それぞれの特徴を活かして健康的に食事をとってもらえたら嬉しいです。

個人的には、「減量時は鶏胸!」という固定概念が崩せればそれで満足です。
基本的に減量時は安い鶏肉を食べ、飽きてきた時に、リフレッシュで馬肉を食べてみるというのがオススメです。

皆さんはお肉はどこで購入していますか?
スーパーなどで買っている方が多いのではないのでしょうか?
ここでオススメしたいのが、何キロかまとめて取り寄せることです。

取り寄せた方が、品質の良いものを安く購入することができます。
何より、スーパーなどに出向く必要がなくなるので楽ですよね。

豚・牛・鶏肉全て取り扱っています:お肉の直売所【FromFarm】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました